クローキングはSEOキャンペーンに役立ちますか? –セマルトの専門家、ナタリアハチャトゥリアン

Googleのウェブマスターの条件とガイドラインに違反すると、サイトのランクが下がったり、Googleのブラックリストに登録されたりする可能性があります。多くのウェブマスターは、サイト開発を始めて間もなく、ブラックハットSEO技術を使用して検索エンジンの上位にランク付けすることを検討しています。最近、クローキングはデジタルマーケティング業界で議論のテーマとなっています。

SemaltのコンテンツストラテジストであるNatalia Khachaturyanは、クローキングはWebマスターがリアルタイムでターゲット市場に参入するために使用する最もエレガントな手法の1つであると説明しています。クローキングに関しては、ウェブマスターは潜在的な訪問者に表示されるテキストとは異なるコンテンツを表示することにより、検索エンジンをだます。簡単に言うと、クローキングとは、検索エンジンに送信されたコンテンツと比較して、異なるバージョンの素材をユーザーに返すようにWebサイトのサーバーをプログラミングすることです。

クローキングに対するGoogleの対応

クローキングは検索エンジンのスパムとも呼ばれ、短期的な検索エンジン最適化スキームであり、将来のオンラインキャンペーンを完全に台無しにする可能性があります。検索エンジンはだまされたくない。スパイダーとボットにHTMLテキストを提示し、ユーザーに画像の結果を返すことは、デジタルマーケティング担当者としてのキャリアを危険にさらす可能性のある違反です。

Webマスターは、スパイダーやボットをだましてアルゴリズムのランキングを改善することを唯一の目的として、サイトにクローキングを実装します。 Googleは、変換キーワードを無関係としてマークすることにより、Webおよびページのクローキングを実装するWebマスターを罰します。 eコマースWebサイトでブラックハットSEO手法を継続して実行すると、ブラックリスト効果につながる可能性があります。

.htacessファイルを使用してサイトでクローキングを実行する

クローキングがどのように実行されるかに関していくつかの質問が出されました。ウェブクローキングとページクローキングの両方をウェブサイトで実行するには、十分な警戒とスマートさが必要です。クローキングの全体的な考え方は、ユーザーエージェントとIPアドレスに完全に依存しています。このブラックハットSEO手法で成功するために、ウェブマスターは検索エンジンクローラーとコンテンツ配信に役立つ一連のIPアドレスを収集します。

Apacheサーバーモジュールを使用して.htacess構成ファイルを変更することにより、Webマスターは、IPアドレスの発信元を検出することでコンテンツの配信に取り組みます。 「mod-rewrite」モジュールサーバーがIPアドレスがWebクローラーに属していると識別した場合、生成されたスクリプトは元のコンテンツの異なるバージョンを提供します。

一般的なクローキングの慣行

ウェブマスターは、タイトル、説明、メタタグを最適化して、アルゴリズムの上位にランク付けします。検索エンジンをだますためにウェブマスターが最適化したSEOテクニックを以下に示します。

メールクローキング

電子メールのクローキングは、Webサイトをブラックリストに載せることができるブラックハットSEO手法の1つです。電子メールのクローキングは、アドレスと送信者の名前を暗号化して身元を隠すことで機能します。

画像が豊富なサイト

Webクローラーは画像をスキャンしません。画像が豊富なコンテンツは、素材よりも多くのギャラリーで構成されています。ウェブマスターはモデルを利用して、関連するキーワードに関する上位ランクを取得します。

URLの書き換え

URLクローキングとも呼ばれるURL書き換えは、URLを変更し、コンテンツをそのままにしておくためのブラックハットSEO手法です。

クローキングは、あなたのウェブサイトで実行することを考慮すべきではないブラックハットSEOテクニックの1つです。クローキングは、検索エンジンをだまし、スパイダーやボットをだますことに依存しています。一部のWebサイトは、スピニングやクローキングなどのブラックハットSEO手法のためにWebサイトを最適化した結果、ブラックリストに登録されました。ホワイトハットのSEO手法に合わせてウェブサイトを最適化し、コンバージョンにつながるキーワードの上位に配置します。